読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA修行でマイルとポイントをぐるぐるっと!

SFCマイレージ修行とマイル獲得を趣味としてます

ANA 2016 秋のプレミアム旅割28の修行

ANAプレミアムクラスラウンジ

国内線のみのフライトで、解脱を目指す方々、いわゆる

 

 ド メ 専 !!

 

ANA修行のバリエーションの一つ。

 

ここはドメ専に習い、国内線の特割、旅割○○、プレミアム旅割28を活用する方法で、ANAステイタスの取得に必要なプレミアムポイントを効率良く、多く取得するために、今回は9月のプレミアム旅割28について調査してみた。

 

プレミアム旅割28で効率よい修行ルートはこれだ!

2016年は、修行に転換出来るよう行ってきた旅行だが、この予定のままでも普通にブロンズのプレミアムポイントの30,000Pを超える事が分かった。これを機に、プラチナのステイタスの50,000P取得の目安とする為に、夏以降のプレミアム旅割28の修行ルートを調査!

PP単価の効率の良いTOP5のルートが次になる。

 

9月分のプレミアム旅割28の想定価格のリソース元は以下リンクを参照。

www.ana.co.jp

 

プレミアム旅割28 PP効率トップ5(2016年9月)
  1. 大阪(関西)→沖縄
  2. 沖縄→大阪(関西)
  3. 石垣→東京(羽田)
  4. 東京(羽田)→沖縄
  5. 沖縄→東京(羽田)

トップ5で見ると、やはり国内線で距離を稼げる沖縄が全ての起点となる路線に絡んでくる。実際の運航予定便と価格のトップ10を見てみよう。

 

9月 プレミアム旅割28 便別 PP効率TOP10 (7/1時点)
区間 便名 基本マイル PP 価格 PP単価
01大阪(関西)→沖縄17377392247182008.09
02大阪(関西)→沖縄17397392247182008.09
03沖縄→大阪(関西)17327392247182008.09
04沖縄→大阪(関西)17347392247195008.67
05石垣→東京(羽田)9012243460306008.84
06東京(羽田)→沖縄4739842860259009.05
07東京(羽田)→沖縄4759842860259009.05
08東京(羽田)→沖縄4779842860259009.05
09沖縄→東京(羽田)4609842860259009.05
10沖縄→東京(羽田)9949842860259009.05

 

PP単価で見ると、大阪と沖縄の往復が最高となり、およそ¥8/PPと効率が良く、更に取得PPも1回のフライトで2,200PPを超えてくるので、往復のフライトで4,400PPオーバーとなる。価格に関しては、往復で¥36,400でプレミアムクラスに乗れると思うと、そこまで高いものでは無いだろう。

2往復でも8,800PPオーバーで、価格が¥72,800であれば、国際線を利用した旅にも負けない効率と言えるだろう。

 

関東を起点としたプレミアム旅割28の修行ルート

運航便別のトップ10では、関東起点とした場合も東京と沖縄の往復が最高となるが、関東からのバリエーションを見るためにも、行先別のトップ10を確認してみよう。

 

9月 プレミアム旅割28 行先別 PP単価効率TOP10 (7/1時点)
区間 基本マイル PP 価格 PP単価
1大阪(関西)→沖縄7392247182008.09
2沖縄→大阪(関西)7392247182008.09
3石垣→東京(羽田)12243460306008.84
4東京(羽田)→沖縄9842860259009.05
5沖縄→東京(羽田)9842860259009.05
6札幌(千歳)→東京(成田)5101675154009.19
7大阪(関西)→札幌(千歳)6662065190009.2
8大阪(関西)→女満別7972392221009.23
9女満別→大阪(関西)7972392221009.23
10名古屋(中部)→沖縄8092422224009.24

 

東京からの場合、沖縄の次に効率が良い地域は、札幌から成田への区間となり、PP単価としては¥9/PP代と沖縄への路線とあまり変わらないように見えるが、一回のフライトで取得できるPPと比較すると沖縄路線は1,000PP以上優位にある。もちろん、その価格差でいうと沖縄路線の方が¥10,000以上のプラスとなっているのが弱点とも言えるだろう。

 

プレミアム旅割28 PP効率 東京発トップ3(2016年9月)
  1. 石垣→東京(羽田)
  2. 東京(羽田)→沖縄
  3. 沖縄→東京(羽田)

2016年9月のプレミアム旅割28を利用した修行の場合、東京発の路線では、PP効率の良さと取得PPからも、価格が多少上がっても上記の順位のように、東京-沖縄間の路線で修行するのが効率が良いだろう。

一度の旅で、最安価格だとしたら¥51,800で5,720PPの取得となる。2回の往復で1万オーバーのPP取得となるのは魅力的ではあるが、旅割○○よりも多目のコストとなるので、今後の予算と日程を考慮して残りの修行予定に組込んでみようと思う。

 

9月のプレミアム旅割28のまとめ

関東、関西、また、名古屋地域においても、沖縄を絡めた路線で修行するのが、PP取得効率がよく一回のフライトで取得できるPPの良さも目立っている。

関西を起点とした修行の場合
沖縄だけでなく、北海道の女満別はPP単価効率、PP取得数が共に良いので、どちらも修行路線としてチョイス可能だと言えるだろう。
関東を起点とした場合
PP単価効率およびPP取得数共に見ても、東京-沖縄路線の一本で行く方が良い。
行き先別で見るとチョイスが少ないが、便数で見た時に、東京-沖縄路線は上位に多くの路線があるので就航便の時間のチョイス幅で優位にあると言える。

例年では、11月迄はこのくらいの価格帯で推移し、12月に入ってからは価格が上がるのではないかと想定できるので、今の時期に秋旅をプレミアム旅割28だけで予約しても、今後の予算と残りの日程次第では、SFC取得に向けた修行になるだろう。

 

それではまた次回!

 

 

9月 プレミアム旅割28 PP単価効率TOP25(7/1時点)
区間 基本マイル P旅割28 価格 PP単価
01大阪(関西)→沖縄7392247182008.09
02沖縄→大阪(関西)7392247182008.09
03石垣→東京(羽田)12243460306008.84
04東京(羽田)→沖縄9842860259009.05
05沖縄→東京(羽田)9842860259009.05
06札幌(千歳)→東京(成田)5101675154009.19
07大阪(関西)→札幌(千歳)6662065190009.2
08大阪(関西)→女満別7972392221009.23
09女満別→大阪(関西)7972392221009.23
10名古屋(中部)→沖縄8092422224009.24
11沖縄→名古屋(中部)8092422224009.24
12札幌(千歳)→沖縄13973892367009.42
13沖縄→札幌(千歳)13973892367009.42
14東京(成田)→沖縄9842860270009.44
15大阪(関西)→旭川7392247213009.47
16旭川→大阪(関西)7392247213009.47
17東京(成田)→札幌(千歳)5101675159009.49
18札幌(千歳)→大阪(関西)6662065197009.53
19静岡→沖縄8632557245009.58
20沖縄→静岡8632557245009.58
21大阪(神戸)→札幌(千歳)6662065201009.73
22仙台→沖縄11303225317009.82
23沖縄→仙台11303225317009.82
24沖縄→東京(成田)9842860282009.86
25東京(羽田)→石垣12243460345009.97
ana-mileage-runner-niku.hatenablog.com

広告を非表示にする