ANA修行でマイルとポイントをぐるぐるっと!

SFCマイレージ修行とマイル獲得を趣味としてます

海外発券で行くおまけで行く、沖縄、そしてその先へ

ANA便をバンコク発着で購入した海外発券は、修行の一環でプレミアムポイントの取得アップを狙い、タイからの帰国後に沖縄の往復を絡めました。

8月17日にバンコクから帰国した後に、東京から沖縄への往復が付くように購入しています。但し、17日の帰国日に移動したのであっては、流石に体力的に問題があると思い、翌日18日に羽田空港から出発するフライトとしています。

 

プレミアムポイントの取得アップを狙うという事で、当日アップグレードの目的で、勢い勇んで朝の羽田空港に到着しましたが、この日は平日にも関わらず、朝から羽田空港は結構な人の数でした。

早朝の羽田空港の様子

 

帰国して1日間がありますが、次の日の沖縄行きは朝の早目の便にしています。というのも、当日アップグレードは朝の便の方が取り易いからなのですが、、、今回の沖縄の旅はどうなるのか?楽しみです。

 

沖縄を楽しんで、プレミアムポイントも稼ぐ!

バンコクからの帰国からの国内線への乗継で沖縄行となり、こちらは海外乗継割引スペシャとして扱われますので、運賃種別でいうと運賃4のグループとなります。

通常の旅割で取得できるプレミアムポイントと比較すると次のようになりますので、どれくらいお得な国内線の種別なのか判断頂けるかと思います。

 

プレミアムポイント = 基本マイル × 運賃倍率 × 路線倍率 + 搭乗ポイント

 

東京-沖縄間の区間基本マイレージは984マイルになります。また、路線倍率の国内線は2倍となります。

東京-沖縄の片道のプレミアムポイント
運賃種別7グループ(主に旅割)
984マイル × 75% × 2 + 0 = 1,476PP
運賃種別4グループ(海外乗継など)
984マイル × 100% × 2 + 0 = 1,968PP

ここだけで、492PPの差が発生しますので往復だと984PPとなります。つまり、往復分の差は片道のマイル分という事です。

 

さらに、ここで当日UPグレード出来た場合ですが、運賃倍率にプラス50%が行われますので以下のようになります。

UPGあり 東京-沖縄の片道のプレミアムポイント
運賃種別7グループ(主に旅割)
984マイル × 125% × 2 + 0 = 2,460PP
運賃種別4グループ(海外乗継など)
984マイル × 150% × 2 + 0 = 2,952PP

旅割75でアップグレード出来なかった場合と海外乗継便でアップグレード出来た場合では、なんと片道で1,476PPの差、つまり、片道の搭乗だけで旅割の片道分のPPが取得出来たという事になります。

 

 ちなみに・・・

 

プレミアム特割、プレミアム旅割28ってどうなるのか?

気になる方もいるかと思いますが、実は、海外乗継便の当日UPグレードには敵わないんです!

東京-沖縄の片道のプレミアム特割など
運賃種別2グループ(P特割、P旅割28など)
984マイル × 125% × 2 + 400 = 2,860PP
僅かですが、PPはちょっと足りないですね。ただ、PP単価の効率はその時の金額で変わりますのでご注意下さい。

 

さて、そんな今回ですが、早起きしたおかげもあり無事にアップグレード出来ました。

 

プレミアムクラスのチケット

 

プレミアムクラスのGOZENの食事

今回のGOZEN↑↑↑ 温かいコーンスープが早朝の身体にしみる~。

 

これで一安心なので、ぐっすりとラウンジで休んでから機内に搭乗しましたが、今回の機内もWi-Fi対応だったので、前に少しだけWi-Fi接続で触れた部分を紹介しようと思います。

 

国内線のWi-Fi対応機での接続方法

実は、Wi-Fiの接続といっても今回はインターネットの接続までは実施していません。それというのも、前回インターネット接続した後に、エンターテインメントの項目があり、こちらはインターネットの接続無しでも楽しめる事に後から気が付いたので、そちらを利用しました。

 

まずは、こちらを利用する前にANAのアプリを入れておく必要がありますので、そちらについて、ANAサイトにて確認頂き、各スマートフォンには入れておいてください。

www.ana.co.jp

 

次に、機内に入ったらWi-Fi対応であるかどうかを座席にも冊子がありますので、そちらで確認して下さい。 Wi-Fi対応機材であれば、スマートフォンを出して、まずは、Wi-Fiを探して選択してみましょう。

 

ANAのWi-Fi接続画面

画面左が、iPhoneWi-Fiを選択した画面になります。真ん中は、アプリを起動したところになり、右はアプリからメニューを押して、国内線 機内WiFiの接続を表示させたところになります。

 

ANAのWiFiからインターネット接続画面

左画面は接続ボタンを押下し、真ん中の画面で、赤枠のインターネット接続のボタンを押すと右画面のように機内接続のプラン選択ボタンがでますので、こちらを押してプランを選択する流れとなります。

今回は、真ん中の画面の黄色枠のエンターテイメントを選択しました。こちらには、ビデオや音楽、雑誌、etcが無料で用意されています。

 

沖縄の美味しいところを探す旅

那覇、国際通り沿いの市場本通り

お昼前に那覇に到着したので、そのまま国際通り闊歩して、ふと見た市場本通りの人の多さといったらないです。みなさん暑い中、お元気です。僕の方は、かなり暑さにへばりつつ、いやいや、それでも美味いものを食べたい!と気力を振絞って散策です。

沖縄というと、ソウキそば、ステーキ、ちゃんぷる~などなど、特有のものがありますよね。今回は、そういったものを気軽に食べれるところへ行ってみようと思います。

 

地元食堂で食べるローカルごはん☆

個人的に好きなのが地元食堂で食べる定食が好きです。

もちろん、ちゃんぷる~もそばも食べれるし、場所によってはステーキも食べれるところがあったりとワクワクできるところです。 やんばる食堂、みかど、あやぐ、それに、ロビーや三笠といったところが有名です。今回は初の三笠さんへ行ってみる事にします。

 

三笠食堂 松山店の入口

 

こちら、三笠食堂の松山店になります。ゆいレールの県庁前駅と美栄橋駅のちょうど間くらいに位置しており、県庁前駅から歩いて10分程度でしょうか。近くには、みかどさんもあるのですが、この日はお休みでしたので、三笠さんへそのまま直行です。

 

三笠食堂の炊事場のようす。

人気の食堂の一つなので座れるか心配でしたが、この日は、カウンターに空きがあり直ぐに案内してもらいました。僕の後ろから直ぐに10人程の待ち行列が出来ていました。カウンターの中では、調理している方が数名いらっしゃいます。

 

三笠食堂のメニュー

このメニュー↑↑↑、なかなか珍しい物もあります!

 

へちまの味噌煮!

 

へちまも茄子みたいな食感になって美味しいんです。 でも、今回はへちまは食べません。なぜならば、今日は入って直ぐの所で食べている人がいたコレ↓↓↓にやられました。

牛肉と豆腐の味噌煮

牛肉とうふの味噌煮

 

いや、これ、激ウマ!!!

 

見たまんまのウマさです。牛肉と味噌の旨みが充分に引き出されて、それが、あつあつの豆腐に絡まってご飯によく合うおかずです!一度は食べてみる事をお奨めします。

 

三笠 松山店 (みかさ) - 県庁前/沖縄料理 [食べログ]

やんばる食堂 (やんばるしょくどう) - 安里/定食・食堂 [食べログ]

あやぐ食堂 (あやぐしょくどう) - 首里/沖縄料理 [食べログ]

 

台湾からやってきた日本唯一のCafe

発祥は、台湾の台中から始まったこのお店。名前はKOI Cafeです。

国際通りを県庁駅から牧志駅の方へぶらぶらと歩いて、半分を過ぎた辺りの右側に店舗があります。ダークグレーの外装で、店の看板には大きなドリンクカップが目印です。

KOI Cafeの入口

 

KOI Teaショップのメニュー

メニューも豊富ですが、ここのウリは、いわゆる台湾で言うところのバブルティーと呼ばれるタピオカ入りのドリンク類です。ですが、名前の謎なインパクトが過ぎるものがある!

 

アイスクリーム 紅茶ラテ

 

え?? アイスクリームがのっかってる?? 溶けて混ざってる??? のっかっているなら案外普通では? 溶けて混ざってるならアイスクリームである必要性はあるのかい??

などと心の叫びを抑えつつ、こちらのアイスクリーム紅茶ラテを注文してみる。

 

KOI Teaのアイスクリーム紅茶ラテはコレだ

気になってまず一口飲んだのでちょっと減ってる画像になってますが、これ満杯に入っている状態でもらいます。それで、気になるアイスクリームはと言うと、底に見える白い物体がそうでした。いや、普通に美味しいです。アイスが1スクープがそのまま入っている感じです。

 

www.koicafe.com

 

海外発券でプラスした3泊4日の沖縄はこうして変わった

海外発券で、沖縄に3泊4日となる往復の日程にしていたのですが、今年は那覇市名護市、その他 沖縄の本島や離島も含めて色んなところに行っているので、そろそろもう少し違った場所にも行きたいと思っていたところに、過去に行った宮古島巡りを思い出しました。

この海外発券のチケットでは単純に沖縄の往復までしか無いのですが、沖縄からのフライトを特割で宮古島の往復を別途、購入しました。

2年越しの夏の宮古島となります。宮古島石垣島へは旅割では無く特割のフライトにした方が修行向けだよ と2年前に教えてもらったのをふと思い出しましたが・・・。

そうなんです!

プレミアムポイントに含まれる搭乗ポイントは、旅割だと0で、特割だと400PPが付くぶん単価効率が良くなります。

というところで、この後は宮古島を旅することになります。

 

宮古島の新城海岸

宮古島 新城海岸

 

いや~、リゾート然としたここは 南 国 !!

 

宮古島へ2泊3日の滞在となりますので、新城(あらぐすく)海岸や、2年前に行けなかった吉野海岸や、他の海岸へも回ったり、美味しいものを探して色んな所を訪れて楽しんで来ました。

 

がっ、、、

 

終わり良ければ総て良しと、そう行きたいものですがこれだけ詰め込んだ夏休みですもの、そう素直に終わらせてくれる筈もないです。最後まで大変な旅となりましたが、画像も多いので宮古島編はコチラ↓↓↓です。

 

ana-mileage-runner-niku.hatenablog.com

広告を非表示にする